常連様からの副え鉈

 

今度も和式の刃物、副え鉈と言うべきかと思われる物の研ぎ依頼です。切れが思うように出ないので何とかして欲しいとの事。更に、刃元周辺など厚みのバランスも取れればと。

 

1509532360414

研ぎ前、全体画像

 

1509532368336

刃部アップ

 

Still_2017-11-01_165442_60.0X_N0001

刃先拡大

 

 

 

1509532377695

先ずは400番から。厚みのバランス取りと、刃先の明確過ぎる段刃を少なくして行きます。鍔元の緑はマスキングゾルです。

 

1509532385733

緑の1000番で形状を細かく調整。段刃も更に小さく。

 

1509532448222

白い1000番で大まかな形状は完成です。

 

1509532490624

緑の3000番で傷を浅く

 

1509532507383

巣板で本格的に傷を消し、刃先の調整。刃元側は40°近辺、刃先寄りは30°位に。通常よりも軽めの刃先ハマグリ。切り刃全体はベタに近い緩いハマグリ。

 

1509532516677

切り刃・刃金を千枚で仕上げ、小割りの八枚・千枚で均し研ぎ。最終仕上げは中山の並砥。但し当てるのは刃金の先側、三分の一程度です。

 

 

 

1509532531686

研ぎ後、全体画像

 

1509532603058

切り刃の状態。切っ先手前のカーブ辺りの厚みは軽減。しかし顎寄りは厚みを減らしたく無いので、刃元の段差は残っています。それ以外のバランスは或る程度、整ったかと。

 

1509532537582

前述の通り、厚み取りの猶予が無い部分は少々、段刃を消す際の落差が大きめに。反対に、切っ先寄りは小さな段差と成りますが、それ自体が刃元の頑丈さと引き切りの際の抜けに貢献します。

 

 

Still_2017-11-01_190317_60.0X_N0002

研ぎ後の刃先拡大画像

 

 

K様、先程メールにて画像付きの御知らせ致しましたので、此の仕上がりで良いか御判断下さい。

木・金であれば御返送が可能です(土・日は砥石館に詰めます)ので、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

「常連様からの副え鉈」への2件のフィードバック

  1. 想像を遥かに超えてきた切れ味と、全体のしっとりとした研ぎ肌・・・
    切ったときの抵抗が、自分が研いでたときよりも遥かに少なくて 本当に同じ刃物か?と思うくらい激変しました。
    またよろしくお願いします

    1. 先日の電話では少々、御心配の様子でしたが大丈夫だったみたいですね。  

      切れを最優先に、しかも強度を増すのも研ぎ直すのも容易な仕上がりにしたつもりですので、必要に応じて微調整して頂ければと。

      切れや研ぎ肌の仕上がりによって、研がせて頂いた刃物が惚れ直され大事にされるのも大きな喜びです。この度も御依頼を頂きまして有り難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>