司作を纏めて送って貰いました

 

以前から御注文を頂いて居た、北海道のS様の副え鉈が仕上がるタイミングで、最近の御注文である千葉のH様からの、ほぼ御要望通りの作品も在庫が。これ幸いと纏めて送って貰いました。

 

先ずはS様の雲竜の副え鉈、磨きです。刃金は新生白紙一号、地金は錬鉄よ極軟鋼の積層を捩った物。鍛え地(捩り無し)は磨きが似合うとの印象ですが、雲竜は黒打ち・磨き共に特徴が出易いですね。私も遠い将来(笑)には、雲竜黒打ちの出刃と雲竜磨きの柳の新規注文をと画策して居ります。其の時には、鍛え地磨きの三徳もですね。

KIMG1364

KIMG1365

KIMG1366

 

 

 

次に、H様の通常モデルの司作出刃と、珍しい鎬無しのフラットな三徳。後者は、通常モデルである和式(鎬有り)に比べて幾分、軽量に仕上がっている気がします。

刃体の薄さに依り、切り込む際の抵抗も受け難そうで、使い手の好みに合えば通常モデルとは違った使い勝手が好まれるでしょうね。

刃金は司作に共通の白紙一号、地金は極軟鋼ですが・・・日野浦さん本人は、いつも「使うなら通常モデルで充分なので、其方の価値が理解されて、使い手が増えて欲しい」と言って居ましたので、正に我が意を得たりの心境では無いでしょうか。

KIMG1363

KIMG1362

 

 

司作の包丁は通常、殆どベタ研ぎに近く、かなりの鋭角な刃先に仕上げられています。ラフに使わない限りは、問題も出ない仕立てだと思いますが、私が注意点として説明した所・・・H様からは用心の為にと刃先角度の調整も承りました。

人造の1000番と3000番で。刃元は70度・中央は50度・切っ先は30度強で。裏は切っ先周辺が、幾分当てに行かねば成らない感じでしたので、其れを均しつつ全体の裏を押して行きます。

KIMG1367

KIMG1368

 

天然に入り、奥殿の天井の二種で傷を消しつつ刃先までの面を細分化。

KIMG1369

KIMG1370

 

仕上げ研ぎで、新入りの中山産やや硬口の巣板。十分と言えば十分でしたが、もう一押しの切れが出るかなと。

KIMG1371

 

 

同じく中山の超硬口ですが、戸前系統。相性が良かったので、食い付き過ぎず滑り過ぎず、しっとりと研げました。当然、結果も其れを反映してくれます。切り刃(地金部分)の面の繋がりを良くするのと、傷消しの上乗せ・錆予防を狙って奥殿の天井巣板の小割りで撫でて置きました。

KIMG1372

KIMG1374

 

 

研ぎ上がり、拡大画像です。

Still_2021-10-10_224037_60.0X_N0001

 

 

 

 

続いて三徳です。人造で角度変化を意識しつつ研ぎますが、両刃ですので片側が刃元40度・中央30度・切っ先20度近辺で。此れは現物の刃幅や刃体の厚み、グラインドなどでも変わりますので、飽くまでも目安です。

KIMG1375

 

 

天然は同じく、奥殿の巣板二種。

KIMG1377

KIMG1378

 

中山の巣板。

KIMG1379

 

やはり、超硬口の戸前系で仕上げました。司作の刃金の仕立て方には相性が良い様で助かります。硬口以上に成って来ると、相性の幅は狭く成り易いので。勿論、一定レベルの対応を見せる砥石が大半では有りますが。

KIMG1380

KIMG1382

 

研ぎ上がり、拡大画像です。刃体が薄く、刃付けも鋭角でしたので・・・狭い範囲で細かく角度分けをしてあります。

Still_2021-10-10_230304_60.0X_N0003

 

 

まあ、刃先調整のみでしたので、外観的には著変無しですね。

KIMG1385

 

 

 

 

昨日は、又京都へ出掛けて来ました。主目的?は醤油漬けで、昔から御気に入りであった店が開いているタイミングに出会えないなと感じていましたが、どうやら(高齢故?)閉めてしまった様子に付き、両親が現地の親戚から聞いたという、似た感じの店へ様子見に。実際の商品も送ってくれていて、物自体は満足すべき仕上がりでは有りました。

福住と笹山の河原町では、割と離れていますが同じく、昔の街並みっぽい家や商家が並んでいる中に、その店を見付ける事が出来ました。同じく醤油を主体とした商品構成に見えますが早速、山椒の実や木の目・セリなどを購入し、これで今後の買い出しに付いての不安も払拭出来ました。

KIMG1407

 

 

 

折角出掛けたので、京都市周りで大阪に帰る事とし、田中さんの所へ・・・そろそろ、取り置きの中でも少し変わり種の物を持ち帰ろうかと。

下画像の石が其れで、白浅葱に分類されると思います。水浅葱の一種では有るのでしょうが(実際、過去には同一原石から白と水を切り分けて貰った経緯も)、硬さや質感が相当に異なります。

今度の御依頼が、西洋剃刀(レーザー)だからと言う訳でも有りませんが、カミソリ砥に相当する同じく手持ちの浅葱・水浅葱と合わせて活躍してくれるかも知れません。

KIMG1389

KIMG1390

 

ただ若干、私にとっては豪華すぎるきらいは有りました。自分では大き目のレーザー型なら、大抵の物は研げるとの意識が有るので、其れに準じるサイズの物を物色する癖が有ります(流石に、厚みは普通よりも余裕を持ちたい所ですが)。

其れでも、目的とする質の砥石が大きめでしか見付からない巡り合わせも有る物です。以下の画像の、奥殿の浅葱の24型とかですね・・・面積的には完全にオーバースペック。

KIMG1394

 

其れでも買ってしまったのは、数年前の畑中砥石由来の砥石群から購入した中に、水浅葱と異なる白っぽい物が有って気に成って居ました。丁度、刃物との相性を探る際にバラエティーとして助かった事も(下画像)。

KIMG1395

 

四国の剃刀に拘る方からの御依頼で、前述の切り分けて貰った白浅葱を御送りし(下画像)、

KIMG0825

 

先日の手のひらサイズの水・白の表裏一体砥石(下画像)で研究をして行く内に、とうとう抑え切れなくなりました(笑)。利益が出る度に、興味を持っていた方向への追及を始めてしまうので行けませんね。

KIMG1334

KIMG1335

 

 

 

オマケは、従来の巣板よりも数段、高い位置から採掘された巣板です。天井っぽい巣板と此れが気に成ったのですが、此方の方が珍しい質に見えました。

予想通り、硬さと細かさで硬口浅葱に匹敵するレベルで、研いで見た感じでは千枚・八枚の雰囲気も感じさせる質でした。只、巣板ならではの食い付きも残しつつ、硬さが最上級と成って居る為に、滑走と突っ張るバランスが絶妙に使い手を翻弄する部分も。

KIMG1398

KIMG1406

KIMG1400

 

 

様々な刃物に対応する必要も有るので、どうしても少しづつは砥石も増やして行かねば成らない側面は有ります。楽しいのは間違い無いのですが、終わりが見えないので恐ろしくも有りますね。

 

 

 

 

 

 

イベント・砥石・研ぎの準備

 

少し前の記事にも記載しましたが、砂型鋳造の鏡作りの予行演習でイマイチだった個体を一つ、持ち帰って研究をしていました。

各種研磨剤に繋ぐ前段階、如何なる砥石で仕上げて置くべきかを探る為でした。勿論、鏡自体の性能としては、人造の中砥・中仕上げでの平面度合いが物を言いますが、研磨剤での作業直前で、どれ程の傷の浅さを実現出来ているかが重要だと感じました。

其の観点から、平面維持に優れつつ肌理の細かい砥石が適すると考え様々、試してみたのですが・・・殆どの砥石が「地を引く」状態に。まあ、亜鉛合金?の鏡に地金もクソも無いのですが、兎も角も引け傷が入り易い。砥面を構成する砥粒が不均一な物は言うに及ばず、細か過ぎる物でも同様で。細か過ぎると、どうしても下りが遅く成りがちですので、砥面の変形・部分的な負荷の増加による金属粒子の堆積ムラが避けられません。結果的に、微粒子同士が噛み合って研ぎ肌に擦過傷を付ける様です。

筋や微細なヒビは当然、容易く地を引きますし、そうで無くとも研磨力が強過ぎる?だけで研磨痕が均一に成り難い。後者は、後に連なる研磨剤攻勢で何とか成る物では在りますが、可能ならば均一で浅い研磨痕が望ましい。結構な範囲で、手持ちの砥石を取っ替え引っ替えしてみると研ぎ肌への攻撃性が低め・研磨痕が浅目・肌理が細かめ、の種類を見付けましたので、其れで仕上げました。

丸尾山の本戸前が其れですが、研承の白の1000・3000で平面を出し切った後、仕上げに使うと研磨剤での磨き終わりに最高レベルの出来と成りました。まあ、硬く細かい青砥からの仕上げでも近い結果だったのですが、難易度と絶対的な完成度で前者が好適かなと。やはり、あらゆる砥石には活躍の場が用意されているとの感を強くしました。完成した鏡の実物は、是非とも砥石館で御覧頂ければと思います(笑)。

 

 

 

 

あと、砥石の方も準備を進めていました。販売用(日野浦さんからの注文分その他)と自分で使用する分、一部は講習でも使う可能性の有る分です。更に一部は、個人的な興味からのテスト用も有ります(笑)。

中山の巣板、薄っすらカラス混じりが多いですが、此れもですね・・・レーザー型の大。

KIMG1318

KIMG1324

 

 

同じくレーザー型の大の横幅ですが、更に長さに余裕が有る物。

KIMG1321

KIMG1327

 

 

最近の巣板は、並砥っぽい物に加えて合いさっぽい物も。側面から見ると、緑灰色よりも紫がかった茶褐色が増えています。

KIMG1331

 

 

序でに、興味が有った馬路。下方の判子は、先代が扱って居た原石を加工した印だそうです。

KIMG1333

KIMG1352

 

 

この後、30型・40型・60型サイズが加工待ちだそうでしたので、念の為に取り置きへ入れて貰って来ました。

KIMG1317

 

KIMG1316

 

 

 

 

最後は、オマケのミニサイズですが興味深い物。同じ水浅葱の原石から切り分けられたと思しい二つを手に取りました。裏表で、白浅葱と呼ぶに相応しい色調と、浅葱~水浅葱と称するべき模様・色に分かれていました。

其処で、敢えて砥面を付けるのを其々、表裏逆向きにして砥ぎ感や仕上がりを試してみる事に。表層が減って来て、落ち着くまでは本来の性能判断は難しいですが、何れは双方から歩み寄るかの様に同様な仕上がりに成るのかなと・・・しかし厚さが3~4cm程度の硬口~超硬口の砥石ですから、普通に使用しつつ減りが中央部に達するのは何時に成るのかと(笑)。

KIMG1334

KIMG1335

 

 

経験上、白浅葱気味ではカシカシした研ぎ感・パサッとした肌触りが特徴だと捉えています。其の為、滑走を自ら調節出来ないと研ぎ肌を均一に仕上げる事が難しいとも。

強いて言うなら硬質な巣板っぽさも有りますが、砥粒の目か層の連なりが立っている様で、研磨力と引き換えに無難な仕上がりに持ち込むのは難易度が高い印象。実際、今回の二つの内では僅かに硬さ控え目ながら、安定した研ぎ肌に仕上げるに当たって圧力・速度・方向の三要素を安定させる必要性が、より高かったのは此方でした。

KIMG1337

 

 

此方は白よりは研ぎ易い水浅葱とは言え、表層の不安定な部分が未だ無く成って居ない為に、扱いには慎重さを要します。具体的には、砥面の滑走や摩擦が一定では無く研磨痕も不均一。

KIMG1339

 

 

下画像で右の砥石の端っこが、斜向していましたので鏨で割って貰ったのが中央の石です。この中では最も、裏と表で違いが無い状態。砥面は斜めに成ってはいますが、研ぎ上がりも無難です。

KIMG1347

KIMG1342

 

 

 

 

以前からの、御依頼品への備え。往年の、小さな名品の御依頼ですが・・・出来得る限り、当時の作風の再現をとの御希望で。

ビクトリノックスの小さな方のブレードでのテスト風景です。初期状態から、ペーパーによる1500番と2000番での仕上げ二種、更に青棒とリューターでの研磨に移行し仕上がりを確認。

KIMG1309

 

KIMG1313

 

KIMG1310

 

KIMG1314

 

KIMG1315

 

現物に、少しでも適した方法を模索しながら進めていますので、奈良のY様にはもう暫くの御待ちを御願い致します。

 

 

 

 

 

先週末の事柄

 

先週末は、砥石の選別と砥石館イベントの準備でした。イベント自体は、現今の社会情勢を鑑みて延期に成って居る流れでは有りましたが、流石に砂型鋳造を実施するには予行演習が必須という事で。

砥石に関しては、以前から聞いていた予定(巣板層の周囲の層への試掘)の確認と、私用の取り置きボックスに入っている砥石の引き取りの為、亀岡行きに先立ち田中さんの所へ寄らせて貰いました。

結果的には、長雨・豪雨の関係で見合わせているものの、巣板層の追加が出来て来ていました。巣板も追加で少々、増やしたいと考えていた事も有り、近況を聞きつつ好みの石を選んで来ました。

 

 

やや硬口でスベスベ・サラサラの中間の研ぎ感の石。当たりがソフトで、和包丁の切り刃全体を当てても研ぎ肌を揃え易い性質。一部に割れ・ヒビが有りますが、割れは皮の表層で止まって安定して居り、ヒビは圧力でも動かなかったので問題は無しです。

KIMG1271

KIMG1283

 

 

硬口~超硬口で、シャリシャリしている研ぎ感ながら傷が入る事も無い左側。硬口でスベスベ・ツルツルの中間の研ぎ感で、かなり光り気味の仕上がりに成る右側。

KIMG1274

KIMG1293KIMG1280

 

 

中硬~硬口の左側、スベスベ・サラサラの中間。今回の中では、やや泥が出易い傾向。其れも有ってか筋の干渉も少ないです。右側はスベスベの硬口。側面の一部に圧力で動くヒビが有りましたが、カシューでの養生により安定したので良しですね。

KIMG1269

KIMG1286KIMG1292

 

 

此方は以前に選んで、取り置きボックスに入れていた水浅葱です。自分の普段使い?にと考えていたのですが、砥石館の一番の常連の方に他の砥石と共に披露した所、此れが欲しいと。水浅葱は持っていなかったので、是非にと言われては断れず、譲る事に成りました。硬口~超硬口、サラサラ・スベスベの中間の質で泥は出難いですが、硬口初心者でも研ぎ難くは無いと思われます。

KIMG1278

KIMG1305

 

 

此れで、自分が欲しかった様々な質の中山巣板は揃ってくれました。今後に出会う巣板が有れば、予備若しくは販売用に回せる分に成りそうです。

更に、予定通り巣板層から他の層へと手を付ける場所が増えて行けば、其方も見させて貰う流れに成って居ますので、日野浦さんから(御本人分と依頼された分を含めて)選別を打診されている砥石も何とか見つけたいと考えています。しかし其の前に、私が選ぶ砥石の傾向を把握して頂くべく、今回選んで来た砥石を含めて2~3個、貸し出しで送って試して頂くのも良いかなと。

過去に試して来た天然の石は、結構な確率で研ぎ上がりに差を生じたそうですが今回、私が選ぶ砥石達は一定以上の研磨力と傷の消え方・切れと永切れを実現している事を感じて欲しいですね。

 

 

 

 

KIMG1247

砥石館で次々回?以降に行われるイベントでは、上画像の様な鏡を作ります。亜鉛合金を溶かし、事前に制作の砂型へ流し込んで造形してから各種道具で研磨して行きます。

 

以下は、其の工程をダイジェストで(笑)。緊急事態とか様々な要因で、イベント関連への制限次第ですので、大まかでも予定通りに開催される事を祈ります。延期前には希望者の方が、かなり楽しみにしていたそうですので・・・。

KIMG1252

KIMG1256

KIMG1258

KIMG1260

KIMG1263

KIMG1265

KIMG1268_01_BURST1001268_COVER

 

 

 

 

 

御近所からの牛刀(炭素鋼)の御依頼

 

結構な御近所だからと、直接の持ち込みを頂いて御預かりしていたO様の牛刀です。確か、ステンレス包丁と違って研ぎ器では上手く刃が付かないとか。刃体の薄い炭素鋼では、特別に繊細な扱いを要するんでしょうか?私はステンレスも炭素鋼も砥石以外では余り研いだ事が無かったので、そう云う物なのかと聞き入るばかりでした。

 

 

研ぎ前の状態。酷いレベルでは無い物の、錆が点在しています。肝心の刃は、ソコソコの刃毀れが切っ先カーブに有る以外、全体的な摩耗と言った所。後は切っ先の損耗と錆びですね。

KIMG1221

KIMG1223

KIMG1224

 

 

 

人造砥石、400番と研磨力に優れる1000番です。欠けを取りつつ、刃先に厚みの増した分だけ小刃を広げ、刃先に至る抵抗を低減。

KIMG1225

 

研磨力と平面維持に優れる砥石、荒めと細か目の1000番二種。刃先へ向かって鋭利に研いで行き、より正確な刃先の形状を作って行きます。

KIMG1226

 

3000番で、傷消しと細かく刃先の形成を。小刃の先寄りから刃先最先端へ向かっては、徐々に鈍角へ。

KIMG1227

 

 

天然砥石、中山の戸前系と合いさっぽい物で。相性的に良かったので、間に何らかの巣板を挟んだり最終仕上げで悩んだりせずに済みました。

KIMG1238

 

 

 

研ぎ上がりです。大まかに錆などを落とした事と、小刃を研いだだけですので外観は著変無しですね。

KIMG1242

KIMG1243

Still_2021-08-30_201805_60.0X_N0001

KIMG1245

 

 

 

O様には、御依頼時の御持参・作業終了後の受け取りと、御足労を頂きまして有難う御座いました。御使用の結果、問題点など有りましたら対応させて頂きますので、御連絡を御願い致します。今後も私で御役に立てる場合は、宜しく御願い致します。

 

 

 

 

 

昨日は砥石館で動画を

 

昨日は、砥石館へ出掛けて来ました。今回はイベントなどの手伝いでは無く、動画の撮影其の他が目的でした。元々は、研ぎ依頼を下さった方からの提言「ナイフ類をアウトドアで使う層が多くなって居る様に見受けられるので、そう言った刃物を研ぐ際の参考に成る動画が有っても良いのでは」を受けての事で。

そう言えば、過去には「ブログ上で研ぎの説明・解説編を」とか、「通信講座的な物を」とかの御要望も有りました。何れも、私の力不足(ブログの編集などが致命的)と研ぎ内容の厄介さ(端的な説明や箇条書きでは伝えきれない)で実現出来ていませんでした。

しかし今回は最低限度プラスアルファで、と言う内容に留めましたので、何とか齟齬無く短時間で伝わるかなと淡い期待をしています(笑)。様々、濃い内容を期待して頂いて居た方々には肩透かしだったり、説明不足・高難易度と感じた方からは分からんと言われたりするかも知れませんが・・・。

研ぎ方の基本は同一刃角(目的に応じて)を維持し、刃元~切っ先まで研いで行きます。カーブ部分は、ハンドルを持つ手を徐々に上に上げつつ砥石へ接して行きます。切っ先は、研ぎ終わりで砥石から浮かさず止める。但し今回は、切れと永切れを意識すると一定角度では不可能ですので、三段階の研ぎ角度を付けています。難しかったり、面倒だと感じる方は一段でも二段でも構いません。其の場合は期待出来る性能を実現困難だったり、性能を妥協できなければ作業の難易度が上がります。

 

https://www.youtube.com/watch?v=rxQ1U0wACZE&t=43s

 

上動画では、荒砥⇒中砥⇒中仕上げの順で研いで居ますが前記の通り、研ぎ角度を其々で変えて居ます。荒砥は20度近辺・中砥は30度近辺・中仕上げは40度近辺。下画像は其の顕微鏡画像をPCモニターに出した物を、スマホで撮影した物です。

KIMG1205

荒砥での結果。見難いですが、光っている範囲の上側の四割。全体的に同一の研ぎ目と光り方。

 

KIMG1207

中砥での結果。同じ光り方の端に、研ぎ目と光り方が違う部分が(幅の狭い黒っぽい範囲)。

 

KIMG1212

 

中仕上げの結果。大半の光っている(白く飛んでいる荒砥仕上げ)範囲の上の少し濃い部分の上、更に濃い狭めの範囲です。

 

 

切れ込み(刃通り)を考慮して、小刃の本体は20度(其れでも刃体が薄目なので小刃の幅は狭いです)。強度を考慮して、小刃の先端は30度(抵抗の低減の為に研ぎ目も細かく)。切れの精度と刃先強度を考慮して、刃先最先端は更に研ぎ目は細かく鈍角に。

もしも一定角の単一刃角度であれば、特に今回俎上に上げたオピネルの様な硬度の低い仕上がりの場合、耐久や永切れに不安が付き纏います。出来るだけ最終刃先角度は鈍角に、しかし刃先周辺は一定以下の厚みにしたい。其れが単一刃角度では難しい訳です。もしも、其れが可能だとするなら結果的に(又は製品の設計段階から計算ずくで)刃体の厚み・刃幅・刃角度の組み合わせで黄金律的なバランスが取れた時だけでしょう。

後、要求が出るとすれば「走り」と「抜け」ですが・・・カーブを持つ刃物の殆どは、カーブの厚みは減少しています。案外していない物や逆に、もっと厚い物も有りますが(笑)。カーブ以外は先へ向けてテーパーに成って居るとは限りません。其の所為で引き切りや、押し切りの際に抵抗が増えて動かし辛くなります。それ等への対処は、研ぎ角度を刃元から切っ先まで鋭角にして行く必要が有るのですが、此処では割愛した動画内容に成って居ます。飽くまでも、基礎的な研ぎの動作を・・・とのコンセプトに従った形です。

 

 

 

と言いつつ、イレギュラーな展開で可変研ぎ(いつもの私の研ぎ方)も披露する事に。撮影場所として借りていた砥石館の、上野館長から「うちの砥石を使った研ぎも、撮影してくれないか」との申し出が有りました。所蔵の青砥を使って研ぎ、其の上「鉄を切れないかな」と。直前の話の流れで、撮影時に鉄を切れと言われた事が有るが、スチール缶なら兎も角・・・と答えた旨を伝えた結果かと思われます。

館長からスチール缶なら切れるのか?と問われ、多分(刃物と研ぎ方に依る)・・・と答えた所、アルミ缶は?と続きました。私の「まあ、切ろうと思えば切れますよ」との返事を受けて、実際に見せて欲しいと。そして切って見せたテイク2が下の動画です。危うく、スチール缶も切らされる所でしたが・・・直近の販売機には無かったそうで良かったです。流石にスチール缶を相手にするなら、刃物も砥石も幾分は吟味する必要性が高まります。切り込む対象の密度・硬度が高い程、精密な刃先角度と緻密な刃先の性状が求められますので(原理は違う筈ですが、鋸の縦挽きと横挽きの関係に似ています)。

結果的に、用意された硬口の青砥と対馬砥で小刃を研いだ上、刃先へ向かって鈍角化ハマグリ・切っ先に向けて鋭角化。切り始めの鈍角で負担を軽減⇒引き切って行く際の抵抗を低減、の流れが活きて無事にアルミ缶を袈裟に切れました。鋼材が更に高硬度だったり、砥石が緻密かつ相性も選び抜いた物であれば、切れ込みまでの動作に余裕が出たかなとも思われますが、出来はマズマズでしょうか。

可変研ぎの効果は絶大で、缶を切る前と後で新聞の束への切り込みの際に、大きな違いが無かった事からも明らかです。前段の、人造の中仕上げまでの一定角度による三段研ぎでは重かった新聞の束への切り込みに比べ、缶を切った後でも可変研ぎの方が楽だった程で、図らずも無茶振りが比較実験に役立った格好です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=oUzssHSxYag&t=17s

 

 

 

その他には、砥石館の一番の常連かつイベントなどでは助手も務めてくれている方に、研ぎの指導も。主として包丁を研いで居るのにも関わらず、研ぎを見直そうと切り出しまで自前で買い揃えての姿勢で。

私が代理で購入したのですが、最も研ぎ易い(持ち易く使い易いとも思われる)24mmを敢えて外した選択。一段細い21mmと一段広い27mmを選びました。未だ形状が状の整って居ない研ぎ始めは27mmで慣らし、平面が出てからは鏡面までが容易に成る21mmで、との想定でしたが、何故か27mmは安価だったので二本を購入してしまいました。

KIMG1204

 

一定の範囲を砥石に当て続ける・一定の角度を維持して研ぎ続ける、との動作を身に付けて居なければ小刃も段刃も、ましてやハマグリなどは出鱈目をベースにしているに等しいですから、急がば回れで平面の研ぎを覚えて欲しいなと。事前に通告していた通り、最後は指先も擦り切れていたので少し申し訳無い思いも。

しかし、此れを仕上げる頃には一段階と言わず、数段は上達している事でしょうから頑張って頂きたいですね。折角、長く砥石館へ通って居るのですから、其の成果を身に付けて欲しいとの意識は以前から持っていましたし。

KIMG1213

 

 

序でに、砥石館の研ぎサンプルとして置いて置いた切り出しの、一部に出ていた錆を落としました。私も特別、切り出しは得意と迄は行きませんが、時間はかかる物の丁寧に進めれば形には成るなと改めて感じます。

ただ、同時に手に入れた27mmは予想以上に整えて行くのが手強そうで、楽しみでも有り大変でも有ると確認出来た次の日。彼方の21mmと競争と言う訳では無いのですが、同時に同様の作業を進める期間が始まるのは、妙な連帯感も(笑)。折角ですから、同時とは行かずとも遠からず双方の完成に期待です。

KIMG1219

 

 

 

 

 

 

奈良のH様から筋引きの御依頼

 

今度の洋包丁は、筋引きと御見受けしました。到着時でも、或る程度は紙の束にも切り込める状態でしたが・・・引き切りして行くと、切っ先寄りの四割り程度に差し掛かった所から重く。

峰から見ると元から切っ先へ向けてテーパーに成って居るのですが、側面には(視覚的には見えにくい物の)鎬筋様の面構成の違いが有ります。そして、側面は刃幅が狭くなって行く⇒鎬筋が刃線に近付く⇒(側面が広い部分に比して)切られた対象が早い段階で段差を乗り越える為、抜けの際の抵抗になる。

そこで、小刃の幅の調整・角度の付け方(始まりと終わりで研ぎ分け)により、後に控える側面の幅・面の段差への切削対象のアプローチをスムーズに。例えて言うと滝の下で水流を受けるとして、大きな傘の上に小さな傘を載せる事で、(そのサイズや骨の開き角度次第では)大きな傘が濡れるのを相当なレベルで低減させる事も可能に成る訳です。

しかし、今回は良くある左右均等な刃付けの牛刀その他では無く、右側有意の研ぎ方である筋引きでしたので、使える手法は効果を上げられる範囲が限られました。止むを得ず、左の側面からも小さな小刃を維持しつつも(返りを取る程度以上の)、角度変化を付けました。

 

 

研ぎ前の画像(今回、全体画像を撮る前に研ぎ始めてしまいました)ですが、三段階程度の研ぎ角が見えます。一度でなのか、何回かで付いたのかは定かでは無いですが・・・最終刃先角度が余りに鈍角な気がしました。もしも此れが、更に狭隘な幅であれば抵抗が小さくなって、切れに対する不満も少なかったかも知れません(特に、切っ先寄り四割の範囲で鈍角)。とは言え角度は兎も角、小刃その物の幅が狭かったので、切る際の大まかな手応えは軽めでした。

Still_2021-08-15_225148_60.0X_N0003

 

 

行き成りですが、対比させるべきかと研ぎ後の刃先拡大画像。小刃の幅を広げて、始まりと終わりを研ぎ分けます。先ずは初期に付いていた小刃を研ぎ落とし、同時に鋭角化。小刃の幅の中で、最先端寄り三分の一は徐々に鈍角化に。此れで、やや柔らか目の鋼材(+焼き加)に対する永切れを期待出来ます。最後に、全ての角度を顎から切っ先に向け鋭角化で仕上げました。

Still_2021-08-16_211508_60.0X_N0007

 

 

 

人造の1000番、研磨力の有るタイプで小刃を研ぎ落します。

KIMG1190

 

同じく1000番ですが研ぎ目が細かく平面維持も適度に優れる物で、刃先角度の研ぎ出しと角度変化のベースを。

KIMG1192

 

人造の3000番で、全体の研ぎ目を細かく。

KIMG1194

 

 

 

天然に移行し、奥殿の天井巣板中硬と黒蓮華の硬口で。後者は硬さと弾力が両立している上、相性も良くて助かりました。

KIMG1196

 

最終仕上げは、中山の巣板硬口と戸前系で。後者の砥石は砥面に出ていた茶色部分が減って来て、大人しく無難な研ぎ心地でありながら、高性能仕上がりは変わらず。見込み通りの経過で何よりです(笑)。

KIMG1197

 

 

 

研ぎ上がりです。初期画像が有ったとしても、到着時より小刃の幅が広がった位にしか外観の変化は感じられないと思われます。

KIMG1198

 

研ぎ後、刃部のアップ。良く見れば光の反射で、研ぎ角を変えて居るのが観察できるでしょう。

KIMG1200

 

 

 

H様には、研ぎの御依頼と共に幾分の待ち時間を許容して頂きまして、有難う御座いました。より良い仕上がりをと心掛けて研いで見ましたので、到着後は実際の御使用で御確認を御願いしたいと思います。もしも何か問題が有りましたら、御連絡を宜しく御願い致します。

 

 

 

 

 

返ってきた砥石と再度送った砥石

 

一月ほど前に北海道に送った砥石が返って来ました。試し研ぎ会を行なって頂いて居たのですが、一部は御要望に適ったと見えて選んで頂けました。

其れ以外の砥石達は返って来たのですが・・・中には自分でも特に気に入っていた物も。勿論全て、御気に入りと言える物ばかりを選んでは居るのですが、性能(下り・切れ・仕上がり)とサイズや形状など、総合的に見て如何にも使い易そうだと感じさせる砥石は有る物です。特に、仕事で使うとなると作業効率も無視できませんので。

 

 

帰参組の一番は、同じ原石から切り分けて貰った中山の浅葱で、不定形の五角形。初期から私用に、と決めていた(切り込みの入った長方形に近い)砥石と兄弟分の一つでした。

KIMG0850

上画像の五角形。もう少し減ると浅葱色が、より鮮明に成りそうです。性能的には既に充分なレベルなので、減らさずに済むなら(色柄的にはビビッドで無くとも)厚みは残した方がメリットに成ります。

 

KIMG0844

此方が、自分用。砥面を付けたのが上の物とは反対側・削り取った厚みは何割か多かったので、外観・研ぎ感だけで無く性能にも若干の差が。此方の方が幾分、食い付きが強い傾向にあります。

 

 

 

帰参の二番手、実は此れも減らす程に見た目が整うのみならず、性能も向上する状態で送り出していた物でした。ナマズ(白い部分)が入って居ながらも、かなりの硬口。砥面の一部に、やや質のバラ付く箇所も有りましたが・・・減って行くに従い、本来の性能が出ると見込んで送り出しました。

KIMG1173

硬さの割りに刃金を良く下ろし、合わせ和包丁の地金部分も研ぎ易いタイプで、便利に使えると踏んだのですが、伝わり難かったのかも知れません。

 

KIMG1171

現状では、もしも扱い難さを感じる様であれば電着ダイヤでの泥出しも有効です。ナマズが減る程に、其の儘でも扱いが容易かつ良い仕上がりに成るでしょう。

 

KIMG1170

硬過ぎない焼き加減の炭素鋼であれば、結構な刃毀れや捲れも、中砥を使わずとも取り切れます。地金を斑無く仕上げるには、やや硬さと研磨力が邪魔をしますが、刃金部分(刃先・裏押し)に関しては充分以上の仕上がりに。

 

KIMG1181

切り刃(地金部分)は小割りの砥石で、錆予防と摩擦低減を狙って磨いて置きました。

 

KIMG1176

自分用なので、少し雑に仕上がりましたが良しとしましょう(笑)。但し、切れと永切れは過去に最高の結果を出した幾つかの砥石と同等以上でした。例え硬さ・細かさでは上位で無くとも、相性次第で(それらに勝る砥石と)同列の仕上がりを見せてくれる砥石は、楽しいだけでなく有難い存在です。本当の意味で当該刃物(鋼材・熱処理)の性能を引き出したと思えるので。

 

KIMG1188

今回の研ぎで更に一層、ナマズが減って来ましたので、切り出しによる試し研ぎも以前に比べて向上したのは読み通り。愈々、今後の変化に期待が持てます。

 

 

 

そして、次の相手先に送り出した二つ。そもそもは、中山の巣板層のサンプルを送る際、念の為に意向を伺って見た事からです。硬口~超硬口の赤ピンが二つ有ると伝えると、両方を御希望で。

どうも以前から、此の系統の砥石には随分と御執心であった様子にて、何れかの時点で御紹介・・・が良いのかな?と悩んでいたのですが、御期待に沿えましたら幸甚です。

KIMG0835

 

KIMG0727

 

 

飽くまでも、砥石で刃物を研ぐのが仕事の本筋と自認しては居ますが、時には希望する方に、砥石自体を御届けする身でも有ります。其々の砥石が、在るべき所・求められる処に収まるのが望ましいので、少しでも其れに貢献できれば良いのですが・・・当たりの砥石は当然ながら、量も少なく形やサイズに自由も利き難いです。更に産地や層、色や質を指定するなら難易度は上乗せです。(当たりの確率は経験上、良くても数個に一つ。通常は十数個~数十個に一つの印象です)

その上、多く・早く・安くと来れば、現実的では有りません。探しに行く回数の増加・空振りに成る確率・其の費用と手間の増大から、通常以上のコストが掛かります。加えて天然の物は何でも、大抵が採れる量・サイズ・時期をコントロール仕切れない訳です。砥石も天然の物は同様に(採掘中の物なら余計に)、有る時・有る場所に出向いて、其の中から選別するだけで精一杯、と言うのが実情に成ります。今後は余程、条件が揃わない限りは基本的に、出掛けた際に運良く選べた砥石を持ち帰るスタイルに落ち着きそうです。

 

 

 

 

 

取り置きにしていた砥石

 

一度に多くは購入できませんので、田中さんには取り置きボックスを用意して貰って居ますが(笑)・・・其の内の幾つかを受け取りに行って来ました。

主目的は、前回に持ち帰ったコッパよりも大きい物を、と北海道のS様からの意を受けて。もう一つは、砥石館に届ける為の砥石を再度、選別に。

後者に関しては、館長に意向を問うて用意していた砥石が、思ったよりも難が消えて呉れず。止む無く、同系統の(さらに大きく難も少ない)石を選んでみました。

 

 

KIMG1142

 

KIMG1144

先ずはS様に向けた大き目レーザー型(大き目の一回りオーバーサイズ)巣板、中硬~やや硬口です。此れは質的には前々回に持ち帰った、私の大き目の真四角っぽい巣板と同系統の物。但し、硬さと細かさ・難の少なさから、砥石としてはワンランク上と言えます。

 

 

KIMG1140

KIMG1133

次に選んだのは、合いさっぽい外観と砥ぎ感の物。此方も同じく巣板層の産。中硬~やや軟口で、泥も出て研ぎ易く、本焼きに向いている印象。難点は、巣の痕跡が点在する事ですが前回選別の同系統よりもマシな物。

 

KIMG1152

上画像の左では、相応しく無かろうとの思いで右も購入して届けたのですが、どうやら此のレベル程の物は必要なかったみたいですね。両方、私が本焼きに使うとしましょう(笑)。

 

 

 

後は元々、私の分ですね。

KIMG1139

KIMG1164

やや硬口~硬口の巣板。

 

 

KIMG1135

KIMG1146

あと、田中さんの先代(又は先々代?)が畑中と取引していた頃の、小さ目砥石の集団を見せて貰えたので二つを選びました。北海道のS様には、現地での試し研ぎ会を手配して頂いたりして御手間を取らせてしまったので、左の方の側面が(四面とも)皮の砥石も御送りしましょう。右のは、側面に層割れの隙間・砥面に層の境界が出ていましたので。しかし、研いで見ると此れが絶品で・・・こう言う事が有るから楽しいですね。

 

 

 

他には、加工途中の物が置いてある辺りの物も幾つか、譲って貰いました。其の一はブロック状の石。層の境目を狙って鏨を入れると、綺麗に二つに。最初は、柔らかそうなので小割りに・・・と考えていたのですが、暫くは此の儘で使えそうですね。

場合によっては平面で無い刃物への対処として、意図的に変形させて使う事も想定できます。かなり贅沢な使い方ですが、此れなら勿体無い病の発症も抑え易いかと思われます。

KIMG1136

KIMG1137

KIMG1161

KIMG1163

二つに割って、其々に上側であった面で砥いで見ると、下部分の方が硬いのが分かりました。粒度は殆ど変わらないのですが、天然砥石あるあるで面白いなと。やはり、こんな確認作業を伴った行為は、勉強にも成るし実用道具としての幅も広がって為に成ります。

 

 

以下も同様ですが、砥面を付けて見れば双方とも充分、実用に足る石でした。上の砥石は、ブログをやっている知人へのサンプルとして。下のは、若干ですが当たる筋・積層の向きが乱れている部分も有るので、砥石館で研ぎ体験用のサンプルとして預けて置こうかなと。来訪される方の、経験値が上がる可能性は少しでも確保するのが良いとの思いからです。現行(採掘仕立て)の加藤鉱山からの砥石に触れる機会は、中々に希少だと思われますので。

KIMG1143

 

 

因みに、大きい方に面を付けた所です。難の無い部分で研ぐ(又は、いなして研ぐ)と仕上がりに問題は無いですね。

KIMG1169

KIMG1168

 

 

 

 

 

神奈川のY様からの御依頼

 

始まりは、砥石に付いての問い合わせだったのですが・・・最終的に今回は包丁を二本、送って頂きました。勿論、研ぎの御依頼なのですが既に結構、御自身で研がれている様子で。

到着した時点で、牛刀と三徳なのかと思いましたが・・・メールの遣り取りで判明したのは、使って行く内に厚みを邪魔に感じて切り刃構造に研いだのだと。

KIMG1099

 

 

 

 

一本目、通常の小刃として研がれていた方。刃先の損耗は大きくは有りませんでしたが、紙の束などを切って見ると切っ先のカーブ手前で抜けが重く。カーブから切っ先に掛けては、自動研磨段階で厚みが減っていたであろう事も有って、マズマズ。

KIMG1100

KIMG1102

KIMG1103

 

 

人造の1000番、平面維持に優れつつ研磨力も有るタイプで。

KIMG1109

KIMG1110

 

 

人造の1000番、研ぎ目が細かい物で。

KIMG1116

KIMG1118

 

 

天然砥石、奥殿の天井巣板カラス中硬で。

KIMG1121

KIMG1122

 

 

中山の戸前系、硬口~超硬口で仕上げです。幸い相性が良く、下り・切れ共に充分な仕上がりに。

KIMG1130

KIMG1131

 

 

 

 

次に、切り刃が施された少し短い方です。どうやら、右の切り刃はベタ気味・左の切り刃はふっくらな研がれ方なのですが・・・刃元の薄さもさることながら、最も気に成るのは顎から切っ先に掛けて厚みが薄い⇒厚い⇒薄い⇒厚い⇒薄い、と交互に成って居る点です。

KIMG1104

KIMG1105

KIMG1106

 

 

先ずは人造の1000番、研磨力と滑走に優れた物で、余分に残存する厚みを減らしつつ、切っ先へ向かってテーパー状に。

KIMG1107

KIMG1108

 

 

人造の1000番、研ぎ目の細かい物で。厚みのバランスを取りつつ、刃先周辺から刃先最先端に掛けて鈍角化のハマグリに。その角度も、切っ先へ向かって漸次鋭角化。

右の切り刃は、厚みが少ないので幾分ですが刃先へ向かい鋭角化ハマグリに。左の切り刃は逆に、全体に厚みを減らしつつベタ気味に寄せます。しかし、右が薄い分だけ左の厚みは適度に残して置きます。そんな仕様ですが、厚みと角度の漸次低減により走りや抜けは研ぎ前時点よりも改善されます。

KIMG1111

KIMG1113

 

 

人造の3000番で、更に細かく。

KIMG1114

KIMG1115

 

 

天然砥石、奥殿の天井巣板の中硬・やや硬口カラスの二種で、更に形状を整えつつ研ぎ目を細かく。

KIMG1125

KIMG1126

 

 

奥殿の天井巣板、やや硬口・硬口で仕上げますが、相性を探って最終は超硬口の物(画像三つの内で最奥)で。

KIMG1127

 

 

 

研ぎ上がりです。

KIMG1153

 

 

 

KIMG1154

KIMG1156

Still_2021-08-08_010320_60.0X_N0001

KIMG1157

 

 

 

KIMG1158

KIMG1159

Still_2021-08-08_010344_60.0X_N0003

KIMG1160

 

 

 

Y様には此の度、研ぎの御依頼を頂きまして有難う御座いました。砥石に関して・また研ぎに関しましても、私で御役に立てる場合は今後も宜しく御願い致します。

あと、今回の二本の鋼材と熱処理のバランスから感じるのは、荒い砥石・強い加圧での研ぎ・一度に片側を多く研ぐ、の条件では返りが出易い傾向でした。一気に多く出した返りを強引に除去するリスクより、意図して小さな返りを出す意識で研ぐ気遣いの負担を取るのが良さそうです。

 

 

 

 

 

一連の砥石(後半)のテスト

 

之迄の中山産巣板ですが、大きく分けて後半の砥石達をテストしてみました。

 

 

先ず此れは、予定している行き先が(扱いが分かっていて下処理も可能な)自分仕様に出来る方なので、手を付けていません。そう成らなかった時は自分用にしようかな?等と思ったり(笑)。

KIMG1067

 

 

 

 

自分用の一つ目。店主からも、「此れは自分が使って呉れよ」と言われた物ですが・・・やや硬口で少々の泥も出る、使い易い範囲内の砥石です。刃金は半鏡面~鏡面で、地金も薄曇り~半鏡面に成りました。

KIMG1084

KIMG1091

 

 

自分用の二つ目の巣板ですが、少しシャリシャリした感触ながら案外、緻密な仕上がりに。ほぼ上画像の砥石に準じる仕上がりですが、僅かに曇りがちと云った所。

購入時は筋が目立つ砥面でしたが、平面を出しつつ厚み調整を進めるに従い、研ぎに影響も少なく成って来ました。此の先もう少しは消退して行きそうですし、普段使いに加え、仕事用としても活躍してくれそうです。

研ぎ上がりの切れとしては、奥殿の硬口天上巣板とは又少し違いながらも、滑らか且つ掛かりの良い傾向の永切れを狙える為に有り難いですね。研ぎ感・外観的には地味ですが・・・。

KIMG1096

KIMG1097

 

 

予備・その他として持ち帰った物でしたが・・・切り出しの裏押しで判明した特性として、予想以上に刃金に対しての下り・仕上がりが優れていました。いざという時に備えて、手持ちに加えるべきかも知れませんね。

砥粒の荒さや斑、或いは多くの泥と共にガンガン下ろすタイプでは無い物の、刃金を良く下ろすつつも鏡面に、地金も半鏡面~鏡面にまで仕上がります。前半・後半を含めて、一連の中山産巣板の中では総合(研磨力・砥ぎ易さ・仕上がりの緻密さ)で1~2を争う性能を発揮してくれました。

KIMG1076

KIMG1074

 

 

予備・その他としての二つ目。之までの中で一番、適度な柔らかさと巣板らしいサラサラの泥を感じさせた鎌砥、其れに次ぐ砥ぎ易さと研磨力の砥石でした。筋も特に苦にならず、硬口・やや硬口の砥石の前に繋ぎで使ったりすれば便利な存在。とは言え、最終仕上げとしても通常は不満も出ないレベルです。此方も、研ぎの各段階に組み込む際、(色々な砥石で組んだ各種コースを跨ぎ)広範囲をカバーしてくれるでしょう。

KIMG1079

KIMG1082

 

 

 

 

それでは、新たな戦力も増強されましたし(休息・気分転換にも成ったので)、次の御依頼品の仕上げに掛かるとします(笑)。此処からは又、暫く洋式の刃物が続きそうです。

 

 

 

 

 

研いだ包丁のビフォーアフターなどを載せていきます。